携帯サイト用QRコード

本サイトは携帯端末(NTT DoCoMo、au by KDDI、Softbank)でもご利用できます。下記QRコードから携帯版にアクセス可能です。 QR_Code

(お知らせ)第28回清流会稲美支部総会について

 

清流会稲美支部の皆様こんにちは。

今回は毎年年一回開催されます清流会稲美支部総会のお知らせです。

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご参加よろしくお願い致します。

【日時】 7月3日(日) AM10:00~

【場所】 稲美町立コミュニティーセンター(稲美町役場4階) 総会 10時~ 講演会 11時~ 懇談会 12時15分~

【講演】 藤原 閲夫氏(高23回生) 演題『雷から身を守るために』

【参加費】 5,000円 (懇親会込み)

(ご参考) 昨年は約80人ご出席して頂けました。

ご参加を希望される方は、6月24日(金)までに学年幹事までお知らせください。

以上、よろしくお願い致します。

清流会稲美支部ウォーキング 「東播磨の歴史を訪ねて(第3回)」 参加者募集!

東播磨、とりわけ加印地区は印南野という名で風土記・万葉集の時代から風光明媚な場所として記録され、歌われてきました。 せっかくその地に生まれ育ったのだから身近にある史跡や風景に親しもうと、 二年前の秋、清流会稲美支部では播州葡萄園跡・葡萄園池・井澤本家等を訪ねる第1回ウォーキングを実施しました。 昨年は明石市東二見の海浜公園から海岸沿いに東へ進み、松林に囲まれた住吉神社まで歩きました。 それらの内容は稲美支部ホームページに写真つきで掲載されていますので、ぜひご覧ください。

第3回目は歴史がきざまれた三木の市街地を歩きます。 三木市役所から雲龍寺・大宮八幡宮をへて、旧三木鉄道の駅舎を利用したふれあい館、姫路や有馬温泉に向かう街道沿いの町並み、 昭和の風情が漂う滑原(なめら)商店街を歩いた後、 坂を少し登って金物博物館、三木城址(国史跡)を見学します。

無理のないコース設定になっていますので、脚力が少し心配な方にも安心して参加していただけます。 豊かな風土を実感してください。

第3回 11月23日(祝) 【三木市】 雲龍寺、大宮八幡宮、金物博物館、三木城址など

● 集合・解散時間 午前9時00分~12時00分 ● 集合場所 稲美中央公園駐車場 ● 参加費 200円(資料代・保険代) ※当日、集めます。 ● 順 路 約5キロ、1時間30分(ウォーキングの時間)

稲美中央公園→(車で移動)→三木市役所(市役所前駐車場)→雲龍寺(別所長治公首塚) →大宮八幡宮(大きな神輿が階段を上る光景はBANBANテレビでも有名) →旧小河家別邸(明治末期に別荘として造営、国登録有形文化財)→三木鉄道ふれあい館(旧三木駅の駅舎を利用し、往時の写真や物品を展示、) →末広橋横交差点→ひめぢ街道(歴史を感じさせる町並み)→道標石碑「右ひめぢ道、左あかし」 →湯の山街道(有馬温泉への道、羽柴秀吉の三木城攻めの頃から有名になる)→旧玉置家住宅(国登録有形文化財、1826年切手会所として設立) →三木市観光協会(美嚢川に面した駐車場)→滑原(なめら)商店街(昭和の風情が漂うよう洋品店、果物店、書店など) →三木市立金物博物館・唱歌石碑「村のかじや」→三木城址(市街地を展望)→市役所前駐車場→(車で移動)→稲美中央公園

※小雨決行とさせていただきます。 天候急変の可能性もあり、雨具をご用意ください。 飲物等は各自でご用意ください。

※参加申込・お問い合わせ先 080-1482-3381 高田道夫(稲美支部会計)

※参考(三木市に関係するエピソードがある文庫) ●加藤 廣(ひろし)『信長の棺(上・下)』(文春文庫 2008年) 三木城攻めの最終段階で竹中半兵衛は病死。秀吉が嘆き、悼む場面から始まる。 ●綿谷 雪(きよし)『実録 後藤又兵衛』(中公文庫 1984年) 三木城の籠城戦を生き抜き、大坂冬の陣・夏の陣に参戦した又兵衛の生涯を検証。 ●棟方志功『板極道』(中公文庫 1976年) […]

井澤本家「蔵開き」が行われました

こんにちは。

立冬が過ぎても暖かい日が続いていますが、如何お過ごしですか?

井澤本家の蔵開きが11月8日に開催されました。

前日の天気予報では雨の予定が、当日は日ごろの行いがよかったのかどうか・・・ なんとか雨が降っても小雨程度、特別寒い訳でもなく無事に行われました。

社長のご挨拶から始まった「蔵開き」は、128名の参加者で賑わいました。

各テーブルに準備されたお弁当、『蔵開き』のお酒、仕込み水などのほかに、おでん、糟汁、利き酒をご用意しました。

今年は、お酒のゼリーもありました。しっかりお酒の味がしてとてもおいしいですよ♪

そして、今年も流通科学大学の学生さんによる「酒かすチーズ」「酒かすアイス」の販売があり、こちらも例年のように大好評でした!!

井澤本家の「ふるさと納税」のご案内もさせて頂きました。 こちらもよろしくお願いいたします。

来年もぜひみなさんご参加下さい。

[…]

【お知らせ】10/24,25 見谷コスモスまつり

皆さま、こんにちは。

先日お知らせした、見谷コスモスプロジェクトのお祭りのご案内です。皆さまお誘い併せの上、ご来場ください。

16,500平方メートルの土地に額縁状にコスモスを植え、ハートをコスモスで描き、その中に稲美町の町章と60周年の60を表現しています。100万本のコスモスの中で食事もできます。

日 時 : 10月24日(土)、25日(日) 9:00~16:00 場 所 : 四軒屋池跡(稲美町加古9598)

・10月25日(日)12時30分頃から和太鼓「打友」の演奏(雨天中止) ・黒大豆、ヘアリーベッチの根粒菌と堆肥で育てた新米コシヒカリの試食会とプレゼント(抽選)もあります。

主 催 : 加古地区環境保全協議会見谷支部、見谷営農組合 後 援 : 稲美町、JA兵庫南農業協同組合

【お知らせ】11月8日(日)井澤本家 蔵開き!

皆さま、こんにちは。

今年も『井澤本家 蔵開き』の季節がやってまいりました。

日時は、11/8(日)午前11時半~午後2時半まで(受付11時~)

参加費は、¥3,500-(無料試飲、弁当、お土産付き)

先着100名様募集!です。

詳しくは、下記のチラシをご確認の上、ご応募ください。

【お知らせ】第27回清流会稲美支部総会について

 

清流会稲美支部の皆様こんにちは。

今回は毎年年一回開催されます清流会稲美支部総会のお知らせです。

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご参加よろしくお願い致します。

今年はどのようなお話が聞けるのでしょうか・・・楽しみですね♪

【日時】 7月5日(日) AM10:00~

【場所】 稲美町立コミュニティーセンター(稲美町役場4階) 総会 10時~ 講演会 11時~ 懇談会 12時15分~

【講演】 中谷 範之氏(高19回生) 演題『つれづれなるままに…』

【参加費】 5,000円 (懇親会込み)

(ご参考) 昨年は約70人ご出席して頂けました。

ご参加を希望される方は、6月26日(金)までに学年幹事までお知らせください。

以上、よろしくお願い致します。

2014年秋のいなみ野メロン販売中

こんにちは。

過去にもご紹介しましたが、春のメロンよりおいしいと言われる

秋のいなみ野メロンが”ふぁ~みんSHOP”の稲美と八幡で

売り出されています。

秋のメロンを食べたことのない方!是非、買ってみてください。

清流会稲美支部ウォーキング 「東播磨の歴史を訪ねて(第2回)」 参加者募集!

東播磨、とりわけ加印地区は風土記・万葉集の時代から風光明媚な「印南野」として記録され、歌われてきました。昨年の秋、清流会稲美支部では身近にある史跡や風景に親しもうと播州葡萄園跡・葡萄園池・井澤本家等を訪ねる第1回ウォーキングを実施しました(11月23日)。稲美支部ホームページでの告知から二週間たらずであったにも関わらず、精鋭?数人が集まり、広々とした風景を楽しみました。「稲美町の中でこれほど歩いたのは初めて・・・」という感動?の声もありました。

第2回目は明石の海岸を歩きます。東二見の海浜公園から淡路島を眺めながら東に向い、松林に海風が鳴る住吉神社をめざします。帰りは山陽魚住駅から電車で戻るので、脚力が少し心配な方にも安心して参加していただけます。豊かな風土を実感してください。

第2回 東二見から住吉神社への海岸遊歩道 【明石市】

●日時 11月24日(振休・月) 午前9時00分(集合)~12時20分(解散) ●集合場所 稲美中央公園駐車場 ●参加費 200円(当日集金、資料代・駐車場代・保険代) ※山陽電車の乗車賃150円は参加者負担。 ●順 路 約5キロ、1時間30分(ウォーキングの時間)

稲美中央公園→(車で移動)→二見人工島(明石海浜公園駐車場)→海浜公園展望台 →東二見橋(地中海のリゾート地のような風景)→海岸遊歩道(淡路島を眺めながら・・・) →住吉神社(海風が鳴る松林、能舞台)→山陽魚住駅→(電車3分150円)→東二見駅 →街中散策→東二見橋→二見人口島(駐車場)→(車で移動)→稲美中央公園

※小雨決行とさせていただきます。 雨天中止の場合は、清流会稲美支部ホームページでお知らせします。 天候急変の可能性もあり、雨具をご用意ください。 飲物等は各自でご用意ください。

※参加申込・お問い合わせ先 080-1482-3381 高田道夫(稲美支部会計)

※参考(明石市に関係するエピソードがある書籍) ●直良三樹子『見果て夢「明石原人」 考古学者直良信夫の生涯』(角川ソフィア文庫) 著者は、“明石原人”の人骨化石を発見した直良信夫の妻。 ●春成秀爾『「明石原人」とは何であったのか』(NHKブックス) 著者(国立歴史民俗博物館教授)は明石出身。“明石原人”発見場所の大規模発掘を試みた人。 ●松本清張『或る「小倉日記」伝』(角川文庫) “明石原人〟の化石発見に関わる学会の反応を描いた短編を収録。 ●大岡昇平『わが復員わが戦後』(徳間文庫) 終戦後、復員した著者は妻子が疎開していた明石市大久保町大窪(大久保駅北、歩数分)に住む。当地で名作『俘虜記』が書き始められた。 ●三木谷浩史『成功のコンセプト』(幻冬舎文庫) 明石高校出身の著者が「楽天」を創業し、“時の人”になったことはあまりにも有名。

【お知らせ】11月9日(日)井澤本家 蔵開き!

皆さま、こんにちは。

今年も『井澤本家 蔵開き』の季節がやってまいりました。

日時は、11/9(日)午前11時半~午後2時半まで(受付11時~)

参加費は、¥3,500-(無料試飲、弁当、お土産付き)

先着100名様募集!です。

今年も、流通科学大学学生とのコラボがあります。

詳しくは、下記のチラシをご確認の上、ご応募ください。

【お知らせ】11月24日(振休)ウォーキング「東播磨の歴史を訪ねて」(第2回)

皆さま、こんにちは。

今年も、第2回となる清流会稲美支部ウォーキング「東播磨の歴史を訪ねて」を開催します。

日程は、11月24日(振休)です。

今回のコースは、【明石市】東二見から住吉神社への海岸遊歩道。 稲美中央公園→二見人工島(海浜公園展望台)→東二見橋→ 海岸遊歩道(淡路島を眺めながら…)→住吉神社(風に鳴る松林、能舞台)→ 山陽魚住駅→東二見駅→二見人工島→稲美中央公園

詳細は、後日お知らせします。 ぜひ、晩秋の予定に入れておいてください。